2019年2月7日木曜日

1901 プロポフォールの投与方法 (研修医の先生のプレゼン)

麻酔導入中に覚醒(体動)した症例
飲酒大量
肝硬変
プロポフォール120mg
麻酔導入時に体動
麻酔覚醒時に夢をみた

肥満患者でプロポフォールを使うか
麻酔時間12時間
MEP
2.5-3.0μg/dlで維持した
BIS使用できなかった(脳外科)
BISなしでいかに投与量を決定するか
日本人と欧米人の肥満の定義

ロポフォール、スガマデクス➜実体重
レミフェンタニル、ロクロニウム➜理想体重
フェンタニル➜補正体重(除脂肪体重)

①実体重 Total body weight
 脂肪量が多いと覚醒遅延の可能性が考えられる
   肥満患者において良好な覚醒を得られたとの報告あり

②理想体重 Ideal body weight:BMI=22
 高度肥満においては特に術中覚醒のリスク高い

③補正体重 Corrected body weight
       :理想体重+[0.4×過剰体重(実体重-理想体重)]
  Servinらが報告したプロポフォールを肥満者にmg/kg/hr単位で
    投与する際に過剰投与を防ぐための補正法
    術中覚醒したとの報告あり

麻酔導入時の就眠濃度が重要ではないか

2019年1月24日木曜日

190124 緊急手術の麻酔 迅速導入を中心に (研修医の先生のプレゼン)

最終摂食時間の聴取
腹部CTの評価
急性ストレス状態では最終摂食から受傷(発症)
胃管の挿入:利点と合併症を考慮して適応を考える
迅速導入
輪状軟骨圧迫:有効な圧 何N(kg)か

麻酔における誤嚥の頻度は0.03%で緊急手術ではその10倍の発生

2019年1月22日火曜日

190122 帝王切開術の麻酔 (研修医の先生のプレゼン)


帝王切開19.7% 平成26年医療施設

可能な限り全身麻酔を避ける
日本でも脊髄くも膜下麻酔を選択する施設が増えている


体位
フェンタニル:嘔気の抑制

遅発性呼吸抑制
かゆみ20-30%が有効
ノルアドレナリンのボーラス投与の有効性も研究されている

全身麻酔の手順
過換気を避ける:

2018年12月27日木曜日

181227 パーキンソン病患者の麻酔(研修医の先生のプレゼン)

レプリトン、エフピー、ニュープロパッチ
定型性、反復性術後不随意運動、帰室後2時間程度で消失

急性ジストニア、ジスキネジア

2018年12月25日火曜日

181225 悪性高熱症(研修医の先生のプレゼン)

悪性高熱症
ダントロレンを使用した症例での死亡率は10%以下
代謝亢進

すべての揮発性吸入麻酔薬薬、脱分極性筋弛緩薬
RYR1遺伝子の変異

ダントロレン
十分な換気量換気 100%O210l/分以上、分時換気量は2-3倍に調節する

2018年12月7日金曜日

181207 Anesthesia review 1000 問題集の勉強会 (ベテランの先生のプレゼン)

安静時一回換気量は?6-8ml/kg

1秒率の正常値は?75%

Respiratory Metabolic acidosisはどれか

Pressure sopportの気道内圧のwave formはでれか


2018年11月16日金曜日

181116 喉頭痙攣(研修医の先生のプレゼン)

喉頭痙攣
仮声帯がとじ、喉頭蓋が後方に移動

手術による疼痛刺激、腹膜による

危険因子:感冒、ケタミン?、デスフルラン>セボフルラン

カプノグラムの右上がりの波形

対処:原因の除去