2019年9月27日金曜日

190927_透析と麻酔(研修医の先生のプレゼン)

年々増加し高齢化
糖尿病性腎症が原因疾患の1位になった

出血、循環への影響

腎予備能の評価
腎性貧血
電解質異常
アシドーシス

腎不全非代償期 トライウエイトが適正、最近の透析状況の変更がない
透析の直前に精神状態、呼吸困難筋力低下がない血清カリウム6以下
などを確認する

抗コリン薬は50%が尿排泄、反復投与に注意
ミダゾラム作用状況があるため投与量を減ずる
腎排泄は10-20%
血圧の維持、
腎毒性のある薬物を避ける

術後管理
血液ガス検査、手術当日に初回の透析を行う
高カリウム血症をチェックする

1 件のコメント: